2008年02月22日

ユニットテスト

現在Visual Studio 2005 Express Editionで仕事を行っているのですが、CPPUnitのTestRunnerクラスがMFC依存なこともあってうまく動かないのです。
簡易版(?)のCPPUnit-xを少しばかり改造してTestCaseから集計が取れるようにしました。
ユニットテストの良さは何といってもテストの自動化によってリグレッションを検知できるということです。
テストファーストの基本に「将来必要になるかもしれない機能は今書かない」というものがありますが、いざ必要となった時には既存コードに手を加えるわけですね。
コード修正にはリグレッションの危険がついて回ります。
テストコードを作成し、それもリリースするコードと一緒に育ててゆく考え方は非常に有益だと感じる今日この頃です。
posted by comona at 21:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。